BLOG

『三大栄養素の働き』

2019/06/14

こんにちは。

本日は、『三大栄養素の働き』についてお話しします。

_________________________________

人間とって最も重要となる栄養素が、糖質(炭水化物)・脂質・タンパク質の三大栄養素。食事の摂取カロリーはこの3つの栄養素のカロリー合計になります。

 

三大栄養素はエネルギー源

『三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)』は、3つに共通する役割と、異なる働きを持っている。

共通の役割として、いずれも生命維持やカラダを動かすためのエネルギー源となっています。主に体内に蓄えられた糖質と脂質が優先的にエネルギー源として代謝され、糖質が不足すると、それを補う形で筋肉に含まれるタンパク質がエネルギー源となります。

異なる働きとしては、まず糖質は脳や神経細胞のエネルギー源でもあり、

脳の働きに不可欠です。脂質は重要なホルモンや細胞膜の材料であり、タンパク質は筋肉をはじめとするカラダ全ての材料となります。

日々の食生活では、三大栄養素をただ摂取するだけでなく、3つの摂取バランスを調整することも大切となります。

運動時にエネルギー源として利用される優先順位

1、糖質

筋肉に蓄えられた筋グリコーゲンが優先的にエネルギー源として利用される。その後次第に血液中のグルコースも利用されます。*ほぼ同時の場合もあります。

2、脂質

血液中のグルコースとともに筋肉中の脂肪や血中脂肪もエネルギー源となる。その次に内臓脂肪や皮下脂肪が利用されます。*ほぼ同時の場合もある

3、タンパク質

体内の糖質が不足すると、それを補う形で筋肉に含まれるタンパク質がアミノ酸に分解され、エネルギー源として利用されます。